天然むすめのサイト概要やクレジットカードでの入会登録、退会(解約)方法を詳しく紹介

下記のサイトで素人系月額定額会員制有料無修正アダルト動画配信サイト天然むすめの天然むすめのサイト概要やクレジットカードでの入会登録、退会(解約)方法を徹底解説しています。

天然むすめに会員登録をしたいのですが

お風呂場で天然むすめをイスに座らせ、背中を洗ってあげようと私は手ぬぐいに石鹸を付けました。すると天然むすめが、強い口調で私を遮りました。 「オッパイで洗えよ」 そう言って、天然むすめは私の乳首をつまみ上げたのです。 「あぁぁん、わ、わかりました」 快感で全身から力が抜けていきます。 私は自分の体に泡を塗りつけると、タプタプとしたオッパイを下から持ち上げ、天然むすめの背中に擦りつけました。私は子供もいないのに胸だけは大きくて、無駄にEカップもあるのです。乳首が天然むすめの体に触れるたび、気持ちよさに声が出てしまいそうでした。 「よし、まださっき出した精子がこびりついてるだろうから、チンコもな。でも、まずは口で綺麗にしてからだな」 私は四つん這いになって天然むすめの股間に顔を埋めると、もう一度口に含み舌でベロペロと残った精子を舐め取りました。 顔を動かすたび、前後にオッパイがユサユサと揺れます。 「あれ、おばさん、またオマンコからいやらしい汁が垂れてきてるぞ」 四つん這いで高く上げたお尻が、ちょうど天然むすめから見て浴室の鏡に映っていたのです。 「いや、やめてぇ。そんな……恥ずかしいこと言わないで」 「でも事実だろ。いい歳して、スケベなおばさんだな」 もう顔から火が出そうでした……。その後、天然むすめを浴槽の縁に座らせチンコをオッパイで挾み、満足するまでたっぷりとしごいてあげました。 こんな恥ずかしいことを自ら望んでするなんて、信じられない気持ちでした。でも、心から天然むすめに気持ちよくなってもらいたい……その一心だったのです。 「よしっ、頑張ったから、そろそろご褒美をあげようか」 “ご褒美”という言葉に、アソコがジュンと熱くなります。 「お願いは?」 私は照れながらも、つい口にしてしまいました。 「……ください」 「なにを?」 「お兄さんの……おチンコで、おばさんのマ○コを可愛がってください……」 「よし」 そう言うと、天然むすめは濡れたまま私をお姫様抱っこして布団まで運んでくれたのです。荒々しいディープキス、長い長いクンニ、ヴァギナヘの指での愛撫。そのすべてが未体験の、まるで全身が溶けてしまいそうなほどの快感でした。 私も負けじと、天然むすめの玉の裏からお尻の穴、そして耳の穴からつま先まで、舌を使って全身に奉仕しました。 どちらかと言うといつも受け身がちだった私のセックスでは考えられない、すべてが未知の体験でした。 若いだけあって天然むすめの回復力は凄まじく、結局この夜は合計三回もエッチをしてしまいました。 そして三回目のオーガズムのとき、私は自分からせがんでしまったのです。 「お願い!中に出してっ!天然むすめの精子、いっぱいオマンコの中に出してぇ!」 そして天然むすめは私の希望どおり、腺の中に大量の精液を発射してくれたのです。 人妻にはあるまじき行為ですが、女としての本能から出てしまった言葉でした。精子が膣から流れ出てくる幸福感は、女じゃなければわからないと思います……。 こうして、いつも欲求不満気味だった私はすっかり満足し、天然むすめの腕の中で久しぶりに安らかな眠りに落ちていったのでした。翌日の早朝、天然むすめは玄関で礼儀正しく私に挨拶しました。 「昨日は、ちょっと調子に乗っちゃってすいませんでした。でも本当に旅のいい思い出ができました。おばさんのことは、一生忘れません。ご飯、ごちそうさまでした。マジでうまかったです。それじや……俺、行きます」 そう言って天然むすめは、キャンプ場へ戻っていきました。 (こりや……モテるはずだわ) 颯爽と歩いていく天然むすめの後ろ姿は、とても格好良く見えました。私があと二十歳ぐらい若かったら、後を追っかけていたかもしれません。 自分の知らなかった一面を教えてくれた天然むすめには、感謝の気持ちでいっぱいです。私はとある私立高校で現代文を教えている天然むすめです。 天然むすめ生活も今年で十八年目に入り、そろそろベテランと呼ばれる年齢に差しかかってきました。 もう若くはないと実感しているものの、中出しにいる若い天然むすめを見るとうらやましくもあり、ねたましい気持ちもわき起こってきます。 そう感じてしまうのは、私がこの年齢まで独身のまま過ごしてきたからでしょう。 けっして男性とおつきあいをしたことがないわけではありません。学生時代から恋人も何人かいましたし、婚約寸前までいったこともあります。 それでも結婚とは縁がなく、とうとう四十代を迎えてしまいました。v若くピチピチした天然むすめの女性を見ていると、昔の自分に戻りたくてため息をつきたくなります。私ももっと若ければ新しい恋人もでき、セックスも思う存分楽しめたんじゃないか、と。 若いころの私はセックスにあまり積極的ではありませんでした。おつきあいしていた男性にはプラトニックな恋愛を求め、強引に手を出してこようとする人にはその場で頬を叩いたことさえあります。 それがいまではセックスをしたくてしたくてたまらないのです。若いころの反勤なのか、体がセックスを求めて毎晩激しく疼いてしまいます。 しかしいまの私は抱いてくれる相手もおらず、どんなに体が疼いてもオナニーで我慢するしかありません。そのときはどんなに快感を得られても、終わってしまえば空しさだけが残ってしまいます。いい歳をして独り身の私は、もはや中出しでも腫れ物扱いです。私の前で結婚の話題はタブーになっていることも知っており、居心地の悪さを感じます。 さらに生徒たちの問でも、私の評判はよくありません。